スタッフブログ

老健愛知岡崎にあるさくらの里インテリア改善計画

2006.06.22

さくらの里では、現在インテリアの改善計画を実行中です。3月末完成予定でございます。今回のプロジェクトの概要を説明します。
1.通常の改善は床、壁、天井を新しい素材はカラーで刷新することですが、今回はそのあたりを最小限  にとどめ、空間を形作っている端部や効果的な壁を対象としてイメージ改善効果を期待する。
2.既存の壁はそのままに、別の場所で製作したパネルを展示するスタイルをとる。
3.建築とアートの中間的な表現方法、展示方法をとる。
4.各階に岡崎にちなんだテーマを設定し、高齢者にとって親しみ感や記憶を喚起させる効果
一番重要な目的は、今回の計画をきっかけに、スタッフ、利用者など全ての人が身の回りの環境に興味を持ち、今後自分達でこれを考え、良くしていくことです。したがって今回のプロジェクトを実施するにあたり、現在展示してある既存のアート、家具、掲示物、その他雑多な備品の数々を整理し、展示スペースを確保することとあわせて、施設全体を整理する必要があります。
写真を見る
写真を見る

カテゴリー|

アーカイブ

さくらの里