スタッフブログ

通所リハビリセンター

園芸クラブを行いました

2020.03.24

3月24日(火)に、さくらの里屋上にて、さくらの里通所リハビリセンターの利用者様に手伝っていただき園芸クラブを行いました。参加していただきました利用者様、誠にありがとうございました。本日は天気はそこそこ晴れてはいましたが、風が強く冷たく、作業としてはしづらかった一面もありましたが、じゃがいも(メークイン)の植え付けといちごのマルチング作業が出来、充実した内容となりました。上の写真は枝垂桜のつぼみの様子です。あと数日で開花すると思われます。開花が待ち遠しいです。岡崎城公園の桜は先日ブログで報告させていただきましたように、22日に開花したようです

まずこちらはいちごにマルチを敷いている様子です。いちごの苗がある部分はマルチに穴をあけ、その穴から出すように敷いていきます

マルチを敷く理由は様々ありますが、主な理由は土壌を温める、雑草が生えるのを防ぐことと思われます(いちごの場合、果肉を保護する効果もあります)。マルチの中には銀色だったり銀色の線が入ったマルチがあり、そちらはアブラムシを寄せ付けない効果があるらしいです。マルチを敷くときはマルチの端に土をかぶせるのが通常ですが、今回は杭を打ち込み、マルチを固定ました。私は通常土を被せていますが、うまくやるコツとして、片側にまず土を被せ、反対側からマルチを引っ張り、長靴でマルチを踏みつつ長靴ごと土を被せるとしわが出来ずマルチを張ることができます

マルチを張った後に防鳥ネットのトンネルを設置しました。今朝屋上の様子を見に来た時、鳩が庭を闊歩していましたので、ネットを張ることは大きな意味があると思われます。昨年はアリに食べられてしまったので、そちらの対策もしたいところです

最後に水をたっぷり与えました

さてこちらはじゃがいもの植え付けの様子です。まず土壌改善のために鍬で土を耕しつつ牛糞堆肥を与え土壌を豊かにします。じゃがいもは酸性を好むので苦土石灰は施しません

今回はメークインを植えました。先日お野菜の園芸のテレビを観ていましたら、4種類のおいもを植えていました。品種はメークイン、キタアカリ、シャドークイーン(紫のお芋です、シャドーギアでもシャドームーンでもありません)、インカのめざめ(黄色のお芋です)だったと思われます

畝を作ってお芋を植えていきます。通常半分に輪切りにして芽を上にして植えますが、今回は一個づつ植えました。輪切りにする場合、断面が腐るのを防ぐために草木灰をつける必要があります

お芋の間に肥料を蒔きました。お芋が失敗することはあまりないそうですが、肥料がお芋と接触していると、肥料やけを起こし枯れてしまうことがあるそうなので、化成肥料を蒔く時は気をつける必要があります。肥料は土に混ぜてもよいと思われますが、テレビではお芋の下に溝を掘り、溝施肥を行い、その上に5センチほど土を被せてお芋を配置していました

お芋の上に土を被せて完了です。お芋はナス科のため、連作障害が起きやすいです。同じ場所にナス科のお野菜を植える場合、4年経過している必要があるようです。場所が広い場合は4か所に区分けし、毎年お野菜の場所を変化させることで連作障害を回避できるようです

先日蒔きましたお花が少しですが発芽しました

サンドワーム(ミミズ)がうにょうにょしていました。彼らは土壌を改善してくれる益虫の一つです

先日蒔きました人参(キャロリア)も発芽していました。先日私の家でも甥っ子がもらってきました人参(ピッコロ)を蒔きました。上手くいくか楽しみです

園芸クラブを行いました

2020.03.11

本日3月11日(水)に、さくらの里通所リハビリセンターにて園芸クラブを行いました。午前の部と午後の部と別れてそれぞれの作業をして頂きました。こちらは午後の部で、午前に作って頂きました土とポリポットにお花の種を蒔いていただく際の様子です。とりわけ千日紅(センニチコウ)の種が小さく(種の袋の中に回転寿司屋で回っているお塩が入っている袋のような袋に、お塩のような大きさの種が入っていました…)、種まきに若干苦戦しました。ご協力いただきありがとうございました

種を蒔いたポリポットに気持ち少し土をかぶせた後、お水をたっぷりやりました。基本好光性種子のものが多いので、土は浅くかぶせる程度でよいと思われます。不織布が手持無沙汰でしたので、もしあったら発芽まで被せておきたいところです。不織布があると、湿気を保ってくれるだけでなく、保温の効果もあるからです

こちらが本日蒔いたお花の種です。近日、利用者様より金柑の苗木を頂けることになっておりますので、それを鉢に植える模様を報告できればと思います

さくらんぼ(暖地)の花が一斉に咲き始めております。以前は樹高が高く鳥防ネットを張ることが出来ず、タフロープで樹をぐるぐる巻きにしましたが結局全て実を食べられてしまいました。今回は枝の一部分をネットして少しでも収穫できればと考えています

屋上にてしいたけなどのキノコ類を栽培できるとさらに楽しいような気がしますが、排水の関係上難しいように思われます。先日国産のマッシュルームの栽培の様子をテレビで観ました。千葉県香取市にて栽培を営んでいる農家の方が紹介されていて、その方はオランダで栽培技術を学んだそうです。マッシュルームはほかのキノコと違い菌床に堆肥(藁を主としているそうです)を混ぜ込んでいます。そして菌床にマッシュルームの種菌を混ぜて一定の温度と湿度を保ち菌糸を這わせます。ある程度出てきましたらストレスを与える(温度と湿度を下げる)ことで生存本能を高め、キノコの生育を良くし、大きくして収穫するようです。ポイントは菌床に使う堆肥で、ある一定温度以上に発酵させ不要な雑菌を滅菌した後に、熟成させることでおいしいキノコが育成できるみたいです

青島みかんの棘を少しトリミングしました。これらは株の根元から生えていた棘の為、少し危ないので切り戻しました。とげが果実に干渉すると傷口が出来、そこから雑菌が入り病気になる場合があるみたいです(そうか病)。また、収穫の際に棘でけがをする場合もあります。棘は根元から切っても生育には影響はないので切ったほうが良いらしいです。まっすぐに上に伸びた徒長枝も棘を有しており、栄養が取られるというデメリットもありますので、こちらも切り戻したいところです

園芸クラブを行いました

2020.03.06

3月5日(木)に、さくらの里通所リハビリセンターにて園芸クラブの活動を行いました。こちらは東の花壇にスナップエンドウの苗を植えた時の様子です。ポリポットを植える場所に置き、そのあとポットから苗を外して植えて、土寄せをしていただきました

まず以前に植えたさやえんどうが鳥害に遭ってしまったため(豆類の植物は初期段階においては豆を鳥にほじくられてしまったり、茎が折られてしまったりするようです)、古いものを別の場所に移植し、新しいスナップエンドウをその場所に植えました。利用者様いわく「化成肥料はまだ根張りが弱いのでいいよね」とのことでしたので、化成肥料は施肥しませんでした。この日は天気は晴れでしたが風が強く寒かったので、作業は速やかに行い引き上げることにしました。参加していただきました皆様、ありがとうございました

鳥対策として防虫ネットのトンネルを作りました。前回は風で取れてしまいましたが、今回は少し頑丈に張ることに成功しました。トンネルを張った後にはたっぷり水を与えました。マメ科の植物には根粒菌がつきます。根っこにある無数の玉のような粒が根粒菌です。彼らの寄生というか共生の関係は、お互いにメリットがあり、その関係は菌根菌に似ていますね。マメ科植物は太陽エネルギーから作り出した糖分を根粒菌に与え、その見返りとして根粒菌は空中から窒素を有機化合物に変えてマメに与えています

手前の二列の畝には人参の種(キャロリア)を筋蒔きしました。人参の隣には、春ジャガイモを予定しております。昨年はインカのめざめを別の場所で栽培しましたが今年の品種はまだ決まっていません。インカのめざめは糖度が高く断面は通常のものより黄色くなっており人気の品種ですが、小ぶりのため希少品種らしいです。ところでじゃがいもの原産地は南米で、インカ帝国へ遠征を行ったスペイン人により16世紀、ヨーロッパへと広められます。その後、深刻な食糧飢饉に悩むドイツのフリードリヒ大王が、じゃがいもの生産性に目をつけて栽培を奨励することで、瞬く間に普及したようです。ちなみにじゃがいもは弱酸性の土壌を好むので、苦土石灰は入れません。アルカリの場合は、そうか病という病気にかかりやすくなるみたいです(表面にぶつぶつができますが、食味は変化ありませんが…)

サニーレタスも鳥に食べられてしまいましたので、植え替えを行いました

キャベツと思われます。こちらは葉っぱを少し食べられはしましたがすくすくと育っております

さくらんぼ(暖地)のつぼみの様子です

ひなまつりを開催しました

2020.03.03

3月3日は所謂ひなまつりです。ひな祭りの由来は中国から伝わった「五節句」という行事のひとつ「上巳」らしいです。季節の節目を意味する「節」のころは、昔から邪気が入りやすいとされていました。五節句のひとつ上巳には、中国では川で身を清める習慣がありましたが、日本では紙などで作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し川に流すことで邪気祓いをする行事として広がっていきました。人形を流して邪気をはらうこの風習が、平安時代の貴族の子供の間で行われた「雛あそび」と結びつき、今の「ひな祭り」となったようです

というわけで、さくらの里では3月2日(月)に昔の思い出や体験を思い出し、懐かしい気持ちになって頂くことを目的とし、甘酒を振舞わせていただきました。また、職員がお内裏様とお雛様に扮して利用者様と一緒にお写真を撮影させていただきました。ありがとうございました

さらに3月3日(火)には行事食としてひな祭りちらし寿司膳を振舞わせていただきました

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事です。「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形に桜や桃の花、雛あられや菱餅などを飾ったり、ちらし寿司やハマグリの料理を楽しむ節句祭りのひとつです。ちなみに東海地方では、「おこしもの」という米粉を練ったものを鯛や扇などの木型に入れて成型・蒸した後に着色した食べ物を食べる習慣があるみたいです。私も昔食べたことがありますが、一度加熱して砂糖醤油につけて食べた気がします。砂糖醤油の文化は東海以外でもありますが、先日テレビを観ていましたら、群馬県では昨晩のコロッケを砂糖醤油と水を引いたフライパンで加熱し、オンザライスしていました。私もやってみましたら結構おいしかったです

通所リハビリセンターの利用者様に撮影していただきました

岡崎城を背景に、散りゆく梅を添えて写真撮影しました。さながらさくらの里のランウェイ、SGC(さくらの里ガールズコレクション)ですね

甘酒の写真です(甘酒はピッチャーに入っているため少しわかりづらいですが…)甘酒は職員の分も用意させていただきました。おろし生姜が味に深みを与えます

ひな祭り御膳の写真です。おしながきは、ちらし寿司、菜の花の白和え、花麩清まし汁、3色ゼリーとなっております。次回の行事食は4月17日(金)に、さくらの里春の味覚弁当を予定しております

園芸クラブを行いました

2020.02.28

2月25日(火)にさくらの里通所リハビリセンターにて園芸クラブの活動を行いました。まずねぎに土寄せ及び畝作りを行いました

温州みかんの枝を剪定しました

剪定により北側の通路が通過しやすくなりました

ゴデチアの苗を植える予定です。1平方メートル当たりの土の量は一般的には100kgもあり、生物の含有率は0.9%らしいですが、生物の割合は微生物が95%を占めるそうです。微生物には良いもの悪いものがありますが、お互いが食べあったりすることで割合バランスが保たれています。とはいえ、良い微生物を増やすことにより、病原菌を減少させ病気を減らし、土を肥沃にすることができるようです

良い菌として、菌根菌や根粒菌などがあるみたいです。菌根菌は植物の毛根に寄生し、植物が光合成で得た炭水化物をもらう代わりに土壌の鉄分、ミネラル、カリウムなどを寄生元に与えます。菌根菌はほうれん草やアブラナ科の植物にはつかないので、他の植物を周辺に植えることで土壌に菌根菌のネットワークを作り、恩恵を受けることができるらしいです。要約すれば、冬の間に土づくりを行っておくと良い、ということだと思います

プリムラ(マラコイデス)の様子です

いちごが蕾をつけています

ばらがぽつぽつと発芽しています

柑橘類(こちらはゆずです)のトゲは切っても生育に支障は無いみたいです(切りませんでしたが…)

朝に雀が留まっていました。近づくと逃げてしまうのでなかなか撮れません。望遠レンズがあると良いのですが…

こちらはズームした画像です

昼間にはムクドリらしき鳥が木に留まっていました

ズームした写真です。先日テレビで空想都市というテーマで自分の理想の都市を作るという番組をやっていました。とあるゲーム(世界で一番売れたらしいです)で自分が設計した都市や実際の場所を作っている方(とある大学をそのゲームで宣伝したところ、その大学に入学したらしいです)、自分の設計した市街地の地図を作っている方などが紹介されていました。地図は実際の地図と見間違えるほど精度が高く、ショッピングモールの階層案内や、商店街の案内、テレビ番組なども作ってあり、本当に存在してそうでした。いろいろな鳥を屋上に呼びたいのなら、あらかじめ細かい設計が必要なのかな?と思いました

ピザパーティーを行いました

2020.02.07

2月14日は所謂バレンタインデーです。デパートのチョコレート売り場には普段あまりお目にかかることができない変わった高級チョコレートが陳列されていると思われます。先日「世界の優秀なショコラティエ100」に選ばれた方が作るチョコレートをテレビで拝見しましたが、ほうじ茶やあまおうなどを使用していてとても美味しそうでした(ほうじ茶はトレンドなのだそう)。また、チョコに入れる具材として、おかずにもなりそうなビーフジャーキーなどを使用したものもあり、関心を惹きます。というわけで、本日通所リハビリセンターにてチョコを使用したピザのパーティーを行いました。バレンタインデーにちなんだチョコレートのピザ作りと、大切な人へ気持ちを届ける写真を撮影しました。ピザ作りは、ピザ生地は市販のものですが、トッピングは利用者様に行っていただき、焼き上げはスタッフが行いました

ピザの材料です。ピザ生地にマスカルポーネチーズ、マシュマロ、ダイスイチゴ、チョコレートソースをトッピングしました

まずは生地にチーズをぬりぬりします

チョコソースを上にかけたら、いちごのチョコやマシュマロを敷き詰めます

さくらの里の大きなピザ窯にピザ生地を入れる瞬間です!

昔は薪などで火を起こしてその余熱でピザを焼き上げていましたが、さくらの里の窯はガス方式ですので、ずいぶんと楽に焼き上げることができます

通所スタッフのピザ職人が次々とピザを焼き上げていきます

ピザが焼きあがりました。マスカルポーネチーズはいわゆるピザ用の伸びるチーズではないので、とても食べやすいピザになりました。皆様から美味しいとおおむね好評を戴くことができました。参加していただきました皆様、誠にありがとうございました

さくらの里の受付の本日のお花は、桃、菜の花、ストック、コデマリです

こちらは相談室前のお花です

収穫しました

2020.02.05

さくらの里通所リハビリセンターにて屋上のレモンを収穫しました。風が強い影響などで若干実が落ちてしまったものがありましたが、それを差し引いた分を収穫できました。いずれにせよ、大きさはそこそこでたくさんの実が収穫でき、利用者様も大喜びでした。今週の7日(金)に通所リハビリセンターにて調理実習がありますので、そちらで使用の予定です

受付のお花です(オクラレルカ、カラー、フリージア、チューリップです)。手前にひなまつりにちなんだ人形を飾っております。こちらの人形は時間経過によって色が変色するLEDを使用しており、そのため面会に来られる方の注目を集めております。なぜ色が変色するか面会の方に聞かれましたが、私にも原理がよくわかりません。おそらくLEDは3色(赤、青、黄)光るものが使用されており、時間変化で電流が入力される端子が変わっているのではないかと思われます

こちらは相談室前のお花です。こちらも手前にひな祭りにちなんだお雛様とお殿様の絵が描かれた大アサリ?が飾ってあります。ところで大アサリは実際はアサリとは種類が異なる外来の貝なのだそうです

通所リハビリセンターのお花です。私の家でシンビジウムを育てていますが、昨年は蕾が全くつきませんでしたが、今年は一本だけですが蕾が付き、花が咲きました(暖冬だからでしょうか)。ですのでこのお花の中ではシンビジウムについ目が行ってしまいました

園芸クラブで調理実習を行いました

2020.01.30

本日さくらの里通所リハビリセンターにて調理実習を行いました

本日はコンソメスープを作りました。スープに使われている具材には、屋上にて栽培したお野菜を使用しました

少し前に、普段料理してくれる父親のためにチャーハンを作りたい為、料理を教えてほしいという趣旨の番組を視聴しました。誰かのために頑張ることは素晴らしいことだと改めて実感しました。料理には、そのような気持ちがいつもこもっているのかもしれません

鍋やスープは、高い栄養を摂取することができるそうです。例えばクレープを週8回摂取しても、鍋をコンスタントにとることで栄養のバランスが取れるらしいです

鍋敷きがないので映りが悪いですが、スープが完成しました。この後皆様に美味しく味わっていただくことができました(利用者様いわく、コーンに若干筋があり堅かったが、全体的においしくできたとのことです)。参加いただきました利用者の方々、誠にありがとうございました

年忘れ芸能祭を開催しました

2019.12.25

12月19日(木)にさくらの里通所リハビリセンターにて年忘れ芸能祭を開催しました。プログラムとしましては、午前の部では職員によるマジックショー、写真当てクイズ、アラジンのパロディ、漫才、ハンドベル等を披露させていただきました。午後からはサプライズショーや利用者様によるのど自慢大会などを行いました。通所リハビリ最後の行事(厳密には違いますが)を、利用者様に思いっきり楽しんでいただくという趣旨で毎年開催しており、今年も盛況のうちに幕を閉じることが出来ました。おかげさまで参加者数は今年の中で最高を記録することが出来ました。沢山の方の参加誠にありがとうございました

こちらはのど自慢大会の様子です

マジックショーの様子です。サンタクロースが箱の中から出てきたようです

「トムテ」さんによるハンドベルではクリスマスにちなんだ2曲をピックアップ、演奏していただきました

アラジンのジーニーに職員が扮して悩み相談会を行っていました。スウェットと水泳帽に加え顔に青いどうらんを塗っていただきました

漫才は衣装および台本テキストも多く、不真面目ですが真面目に取り組んでおりました。お疲れ様でした

柚子風呂を期間限定で開始しました

2019.12.16

さくらの里通所リハビリセンターでは、12月16日から21日に柚子風呂を提供させていただいております。冬至の前に風邪をひかないように柚子風呂に入るのが昔からの風習としてありますので、ご利用者の方々に懐かしんでいただければ幸いです

1 / 3123

アーカイブ

さくらの里