老人保健施設 さくらの里
介護老人保健施設
リハビリテーション
居宅介護支援事業所
訪問看護ステーション
ヘルパーステーション
マネジメントシステム
学会発表・出版物紹介
介護・健康用品ご案内
カラーセラピー

 

相談見学窓口 アクセス お問合せ プライバシーポリシー ホーム

リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がリハビリを行います。
また、トレーナーがマッサージやフットケア、自主訓練をフォローします。



リハビリテーションとは?

 病気や疾患によって失われた身体機能や精神知的機能の維持や回復、改善を行うことです。

◎各種療法士の訓練の紹介

理学療法訓練とは?

 基本的動作能力(歩行や階段など)の維持や回復を図るために運動を促し、日常生活動作の改善を行います。

【内容】

  • 関節の動きを保つ訓練を行います。(関節可動域訓練)
  • 日常生活動作に必要な筋力訓練を行います。(筋力増強訓練)  
  • 筋肉の耐久性や持久性を保つ訓練を行います。 
  • 基本動作が円滑に行えるように促す訓練をします。
  • 日常生活の基本となる動作の訓練(歩行訓練、移動訓練、移乗訓練など)をおこないます。
  • 患者様にどの杖、歩行器具や靴が一番合っているか検討します。
  • 装具の改善、微調節を行います。


作業療法訓練とは?

 様々な作業を通じて日常生活の応用動作(食事動作、更衣動作、トイレ動作、移動動作など)や社会適応能力の回復を行います。また気晴らしや気分転換として集団でレクリエーションを行ったり作品を作成したりします。

【内容】

  • 様々な器具や玩具を使用し関節の動きを促したり、筋力を維持するように働きかけます。
  • 集団でレクリエーションや体操を行い精神知的面の維持や向上、気晴らしや気分転換をします。
  • 集団で作品つくりや作業をして精神知的面の維持や向上、気晴らしや気分転換をします。
  • 日常生活の動作訓練や応用動作、社会適応能力の回復や維持を行います。


言語聴覚訓練とは?

 言語訓練や嚥下訓練を行うことで日常のコミュニケーションが改善されたり、食事がおいしくいただけるようにします。

【内容】

  • 言葉がうまくしゃべれない患者様(失語症、構音障害など)の言葉の訓練を行います。
  • ご飯がうまく噛めない、飲みこめない患者様(嚥下障害)の嚥下の指導、訓練を行います。
  • 食事の介助や食器の工夫を行います。
  • 食事形態の調整を行います。
  • 集団で楽しく 食事前に簡単な首周囲の体操や発声練習を行い食事が行いやすくします。

リハビリ・マッサージ風景

△ ページのトップへ
Copyright (c) 2003 Sakura no Sato All right reserved.