スタッフブログ

ゆず湯を提供させていただきました

2020.12.21

12月21日(月)からは、二十四節気「冬至」、七十二候「乃東生(なつかれくさしょうず)」。というわけで、本日はゆず風呂を提供させていただきました(屋上で採れましたかぼすも混ぜて提供させております)

冬至は、実は「死に一番近い日」と言われていたそうです。最も太陽の力が弱まり、生命の源ともいえる太陽の恵みを享受しにくいことから、人間の魂も一時的に仮死するとされたからだそうです

冬至を境に運気が上昇すると考えた昔の人は、運を呼びこむ前に体を清め、温めることで厄を払おうと考えました

お湯に浸かること自体にお清めの意味がありましたが、そこに香りの強い柚子を入れることで邪気を払う効果がプラスされるので、冬至の日はゆず湯に入るようになりました

また、冬至には「ん」が付くものを食べると運が呼び込めると言われていました。にんじん、だいこん、れんこん、南京(なんきん=かぼちゃ)などなど。「ん」が付くものは運盛りといい、縁起を担いでいたとのことです

しばらくゆず湯の提供をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします!

アーカイブ

さくらの里