スタッフブログ

節分のレクリエーションを行いました

2020.02.03

本日2月3日は節分の日です。ところで、節分は地域によって若干風習が異なっているようです。鰯を焼く時に唾をペッペッとすることで、厄除けにする地域もあるようです。また、静岡では「動物ヨーチ(動物の形のビスケットにアイシングしたようなもの)」というお菓子を豆と一緒に撒いたり、北海道ではチョコレートなどのお菓子を一緒に撒いたり、豪雪地方では大豆の代わりに落花生を撒いたりするところもあるみたいです。だし巻き卵、しょうゆ、お雑煮など、地方によって特色が出るものが様々ありますが、豆まきなどの厄除けもいろんな特色があって面白いように思えます。というわけで、例年行っております節分祭を今年も行いました。こちらは5階の節分祭の様子です

節分といえば鬼です。というわけで鬼がステーション(赤コーナー)から入場です。右の男性職員は鬼が来たので怖がっております

少しメタボリックそうな鬼です

利用者様が鬼を退治するために赤いお手玉のような球を鬼の背負っている籠に投げ入れてました。中には鬼を追いかける方もいらっしゃったため、鬼は若干の暑さと呼吸困難のため座り込んでしまいました。皆様にとても楽しんでいただけたように思います。参加していただきました方々、ありがとうございました

屋上の菜の花にアブらしき昆虫が留まっていました

梅の花が7分咲きくらいでした。今朝見たらミツバチが留まっていました。そうえば今月梅まつりが行わる岡崎南公園で行われる予定だった雪まつりが、岐阜県の雪不足のため中止となってしまったそうです…

水仙のつぼみが付き始めていました

いちごのクラウンから新芽らしきものが生えていました。とろろで2~3月は新しい葉っぱが生えてきますので、古い葉っぱを摘み取る必要があります。またできればマルチや敷き藁をしてやる必要があります(暖かくするため、また果肉が傷つかないようにするためと思われます)今年はどんないちごが生るのかとても楽しみです

アーカイブ

さくらの里