介護老人保健施設さくらの里

Facebook
Twitter
LINE
Youtube
instagram
文字サイズ

介護老人保健施設さくらの里

つれづれ日記

BLOG

さくらの里地域包括

認知症サポーター養成講座

2022.06.24

令和4年6月17日、認知症サポーター養成講座をALSOK様より

ご依頼をいただき新型コロナ感染症予防を十分した上で、

8名の方に参加いただきました。

今回は、豊橋支社と岡崎支社の新人職員の方が受講し、

「今後、現場に駆け付けた先で認知症の方への対応等

具体的に知ることができた」との

講座終了後のアンケートにご回答をいただきました。

コロナ禍で、短時間の講座ではありましたが、

ぎゅっと詰まった中味の濃い講座を開催することができました。

※ALSOK様より写真、文章掲載許可を頂いております。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー|

さくらんぼ通信 第3号

2022.06.20

さくらの里地域包括支援センターでは、年2回『🍒さくらんぼ通信」を発行しております。

さくらの里地域包括支援センターでは、年2回『さくらんぼ通信」を発行しております。

以下のリンクからご覧いただけます。
さくらんぼ通信第3号

 

今回は、
・認知症サポーター
・認知症カフェ
・特殊詐欺にご用心
・口腔機能について
です。

 

今後も地域の情報を含め、色々なテーマを取り上げていく予定です。

認知症サポーター養成講座を開催しました

2022.06.01

中央地域福祉センター、竜美、さくらの里地域包括支援センター合同企画

「認知症サポーター養成講座」を開催しました!

日 時:令和4年5月22日(日)

場 所:岡崎市民会館大会議室

対 象:地域住民

約70名のご参加をいただきました。

誰もが認知症についての正しい知識を持ち、認知症の人や家族を支える手立てを知ることで、

「尊厳のある暮らし」を守ることができます。

講座をご希望の方は、地域包括支援センターまでご連絡ください。

 

カテゴリー|

福祉&健康フェア

2022.05.25

令和4年5月14日(土)籠田公園にて

『福祉&健康フェア』が開催されました。

午前中に中央地域福祉センター・竜美・さくらの里 地域包括支援センター合同で

ごまんぞく体操交流&体験会を行いました。

当日は83名の参加があり、参加者からは

「屋外で気持ち良く身体を動かし他グループとの交流ができた」と喜びの声を頂けました。

 

 

午後からは健康ブースを設け、薬剤師による健康相談・指導、地域包括支援センターの

認知度調査を行いました。

 

 

その他にもマルシェ、ステージ上ではキッズダンス、芝生広場では『認知症声かけ訓練』が行われ、

世代を超えた方々が楽しめるイベントとなりました。

カテゴリー|

出前講座『フレイル予防』「動くこと、考えること、話すこと」

2022.05.11

5月からごまんぞく体操の新しいグループ「和楽」がスタートします。

本格スタートを前に、包括職員が講師となり、フレイル予防の講座を開催しました。

「動くこと、考えること、話すこと」をテーマにフレイル予防を行い

笑顔あふれる時間を過ごしていただきました。

 

カテゴリー|

認知症サポーター養成講座を行いました 

2022.03.22

令和4年3月15日、認知症サポーター養成講座をALSOK様よりご依頼をいただき行いました。

新型コロナ感染症予防を十分した上で、10名の方に参加していただきました。

以前講座を受け、今回も参加いただいた方からは、

「駆け付けた現場で初めてお会いした方へ即座に対応する必要があり、

講座を受けていたことで大変役立った。」とお声をいただきました。

コロナ禍で、短時間の講座ではありましたが、ぎゅっと詰まった中味の濃い講座を開催致しました。

※ALSOK様より写真、文章掲載許可を頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー|

さくらんぼ通信発行

2022.01.06

さくらの里地域包括支援センターでは、年2回『🍒さくらんぼ通信」を発行しております。

以下のリンクからご覧いただけます。
さくらんぼ通信第2号

 

今回は、
・ごまんぞく体操(桜城橋での体験会)
・火の用心
・骨粗鬆症
・ことばさがし
です。

 

今後も地域の情報を含め、色々なテーマを取り上げていく予定です。

カテゴリー|

認知症サポーター養成講座を行いました 

2021.12.23

令和3年12月7日、認知症サポーター養成講座を日本生命様よりご依頼をいただき行いました。

11名の方に参加していただきました。

「顧客の方が高齢になってきているので興味があった」、「家族が認知症の心配がある」等、

身近に高齢者がいて気になっているという方が多くみえました。

今回は、楽しく参加できるように、○×グッズを使ってみました。

「認知症」は誰もがなる可能性のある病気です。認知症を「他人事」ではなく「自分ごと」として捉えて、

認知症の方が地域で安心して暮らし続けることができるように、

優しい心で接する気持ちを大切にしていただけたらと思います。

 

 

カテゴリー|

コミュニティケア会議を行いました

2021.12.15

令和3年11月26日に連尺学区市民ホームにて、換気、手指消毒、体温測定、マスク、フェイスシールド等の感染症対策を

しっかり行った上で、岡崎市社会福祉協議会地域包括支援センター、竜美地域包括支援センター、さくらの里地域包括支援センターの3包括合同で、コミュニティケア会議を行いました。

コミュニティケア会議とは、包括的・継続的ケアマネジメント支援業務の効率的な実施のために、

保健医療及び福祉に関する専門的知識を有する者や、介護支援専門員などの多職種からの専門的な助言を得ることで、

支援が必要な高齢者への適切な支援を行うための検討を行うものです。

 

2つのケースについて検討を行いました。

活発なご意見を多数いただきました。

個別ケースから見つかった地域課題などを把握し、行政職員や地域包括支援センターだけではなく、地域の人々と共有し、検討しながら、地域づくりや地域の資源開発を行っていけるように、これからも努めていきたいと思います。

 

カテゴリー|

福祉&防災フェア 『ごまんぞく体操体験会』

2021.11.05

2021年10月30日(土)

福祉&防災フェアが籠田公園、桜城橋にて開催され、

桜城橋では、『ごまんぞく体操体験会』も実施されました。

当日は、天気も良く暑いくらいの日差しの中で大勢の方々に集まっていただき、

新しいグループ立ち上げの希望者もみえました。

同時にメンバーもまだまだ募集しております。

ご希望がありましたら、さくらの里地域包括支援センターまでご連絡下さい。

0564-22-3030

 

 

 

 

 

 

カテゴリー|

アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます.